女性が男性へプレゼント用に選んだネクタイ売上ランキング

ネクタイプレゼントボックス

女性がプレゼント用に購入するネクタイと、男性が自分のために購入するネクタイでは嗜好が異なるので、デザインによって売上にばらつきがあります。女性はどんなネクタイを男性にして欲しいのか、一方男性はどんなネクタイをしたいと思っているのか。その違いを明らかにすべく、まずは「女性が男性へプレゼント用に選んだネクタイ売上ランキング」をご覧ください。

このランキングは、2019年の公式サイトの女性が購入した売上を元に、かつ201910月時点で在庫がある商品で構成しています。

1位: NAVY【シルク・ネクタイ】

梟 NAVY【シルク・ネクタイ】 梟 NAVY【シルク・ネクタイ】 梟 NAVY【シルク・ネクタイ】 梟 NAVY【シルク・ネクタイ】

幸福、知識の象徴と言われる梟(フクロウ)をあしらった小紋ネクタイで、フォーマルにもカジュアルにも、シーンを選ばない1本です。よく見ると、梟の目が黄色に光って見えるデザインです。シルク生地は、270年の歴史を持つイングランドのシルク工房が保存している20万点以上のデザイン・アーカイブをベースに改良された、TUNDRAオリジナルです。

 NAVY【シルク・ネクタイ】

2位: DARK RED【シルク・ネクタイ】

梟 DARK RED【シルク・ネクタイ】 梟 DARK RED【シルク・ネクタイ】 梟 DARK RED【シルク・ネクタイ】 梟 DARK RED【シルク・ネクタイ】

1位に挙げた「梟」の色違いです。こちらも梟の目が黄色に光って見えるデザインで、シルク生地は、270年の歴史を持つイングランドのシルク工房が保存している20万点以上のデザイン・アーカイブをベースに改良された、TUNDRAオリジナルです。

 DARK RED【シルク・ネクタイ】

3位:Earl of St Andrews 【タータンチェック・ネクタイ】

Earl of St Andrews 【タータンチェック・ネクタイ】

Earl of St Andrews 【タータンチェック・ネクタイ】

Earl of St Andrews 【タータンチェック・ネクタイ】

Earl of St Andrews 【タータンチェック・ネクタイ】

濃紺をベースにしたシンプルなタータン柄、Earl of St Andrews。定番のアズーロ・エ・マローネを品良く着こなせる一本です。Earl of St Andrewsは、1900年代初頭、ジョージ王子(当時のアンドリュー伯爵)のためにデザインされたタータンチェックです。スコットランドに伝わる、120年の歴史を持つ工房で織られたタータンチェックを使用しています。

スコットランドのタータンチェック工房

Earl of St Andrews 【タータンチェック・ネクタイ】

4位:オーブ【シルク・ネクタイ】

オーブ【シルク・ネクタイ】 オーブ【シルク・ネクタイ】 オーブ【シルク・ネクタイ】 オーブ【シルク・ネクタイ】

レトロなオーブ型のデザインをあしらった小紋ネクタイです。個性的なデザインでありながら、どんなシャツ・スーツにも合わせやすい、汎用性の高い一本です。シルク生地は、270年の歴史を持つイングランドのシルク工房が保存している20万点以上のデザイン・アーカイブをベースに改良された、TUNDRAオリジナルです。

オーブ【シルク・ネクタイ】

5位:ヴァニーヤーシュ・キフリ 【ハンドメイド・ネクタイ】

ヴァニーヤーシュ・キフリ 【ハンドメイド・ネクタイ】 ヴァニーヤーシュ・キフリ 【ハンドメイド・ネクタイ】 ヴァニーヤーシュ・キフリ 【ハンドメイド・ネクタイ】 ヴァニーヤーシュ・キフリ 【ハンドメイド・ネクタイ】

手織物特有の、レトロで温かみのある大柄模様が施されたデザインです。通常のネクタイより生地が厚いため、立体感なノット(結び)がつくれます。シンプルなプレーンノットや、 プレーンノットを少し崩して結ぶのもおすすめです。生地は、ハンガリーのパローツ地方にある工房にTUNDRAが特別発注したオリジナルで、すべて手作業。1日に数メートルしか織れないため、量産するのが難しい商品です。19世紀から引き継がれてきた伝統模様は、当時の織り手さん達の周りにあった花、木、果物から星、神様まで様々です。

ハンガリーの織物工房

ヴァニーヤーシュ・キフリ 【ハンドメイド・ネクタイ】

6位:Stewart of Bute 【タータンチェック・ネクタイ】

Stewart of Bute 【タータンチェック・ネクタイ】 Stewart of Bute 【タータンチェック・ネクタイ】 Stewart of Bute 【タータンチェック・ネクタイ】 Stewart of Bute 【タータンチェック・ネクタイ】

ワインレッドを基調にしたタータン柄、Stewart of Bute。英国的な新鮮さと、クラシックな装いを演出します。Stewart of Buteは、1371年から1714年まで続いたスコットランド起源の王朝でもあるStewart(ステュアート)の分家、 Bute(ブート)のためにつくられたタータンチェックです。スコットランドに伝わる、120年の歴史を持つ工房で織られたタータンチェックを使用しています。

Stewart of Bute 【タータンチェック・ネクタイ】

7位:ボールドストライプ NAVY【コットンリネン・ネクタイ】

ボールドストライプ NAVY【コットンリネン・ネクタイ】 ボールドストライプ NAVY【コットンリネン・ネクタイ】 ボールドストライプ NAVY【コットンリネン・ネクタイ】 ボールドストライプ NAVY【コットンリネン・ネクタイ】

幅の広いストライプを大胆に2色で表現しました。やや厚手のコットン・リネンを北欧特有のミニマルデザインに落とし込んだ、シンプルでありながら存在感のあるネクタイです。スウェーデン郊外にある、家族経営の工房で織られた生地を使用しています。北欧諸国で古くから親しまれてきたコットン・リネンの製法を受け継ぐ、数少ない工房です。

スウェーデンの織物工房

ボールドストライプ NAVY【コットンリネン・ネクタイ】

8位:ビルシャルマシャイト 【ハンドメイド・ネクタイ】

ビルシャルマシャイト 【ハンドメイド・ネクタイ】 ビルシャルマシャイト 【ハンドメイド・ネクタイ】 ビルシャルマシャイト 【ハンドメイド・ネクタイ】

愛らしい模様が連なる、カジュアルな1本。通常のネクタイより生地が厚いため、立体感なノット(結び)がつくれます。シンプルなプレーンノットや、 プレーンノットを少し崩して結ぶのもおすすめです。生地は、ハンガリーのパローツ地方にある工房にTUNDRAが特別発注したオリジナルで、すべて手作業。1日に数メートルしか織れないため、量産するのが難しい商品です。19世紀から引き継がれてきた伝統模様は、当時の織り手さん達の周りにあった花、木、果物から星、神様まで様々です。

ハンガリーの織物工房

ビルシャルマシャイト 【ハンドメイド・ネクタイ】

9位:Stewart 【タータンチェック・ネクタイ】

Stewart 【タータンチェック・ネクタイ】 Stewart 【タータンチェック・ネクタイ】 Stewart 【タータンチェック・ネクタイ】 Stewart 【タータンチェック・ネクタイ】

品のあるベージュを基調にしたチェック柄、Stewart。伝統的な柄でありながら、現代っぽさがミックスされたスタイルに仕上がります。1371年から1714年まで続いたスコットランド起源の王朝、Stewart(ステュアート)朝の氏族(クラン)のためにつくられたタータンチェックです。スコットランドに伝わる、120年の歴史を持つ工房で織られたタータンチェックを使用しています。

Stewart 【タータンチェック・ネクタイ】

10位:パンヌカック RED 【リネン・ネクタイ】

パンヌカック RED 【リネン・ネクタイ】 パンヌカック RED 【リネン・ネクタイ】 パンヌカック RED 【リネン・ネクタイ】

クラシックな北欧デザインを踏襲したストライプ柄です。リネン/コットン生地で織られた、マットでざっくりとした風合いのネクタイです。フィンランドの首都ヘルシンキから300km、人里離れた老舗リネン工房。ロシア革命後の1920年に創業し、過去にはあのマリメッコ創業者のアルミ・ラティアの弟もここで働いていたとか。この森に囲まれた工房で織られたTUNDRAオリジナルです。

フィンランドの織物工房

パンヌカック RED 【リネン・ネクタイ】

総評

イングランド・シルクの「梟」やスコットランドのタータンチェックなど、「男性が自分用に選んだネクタイ売上ランキング」と多少被っているものの、男性のランキングには入っていなかったハンガリー、フィンランドがランクインしています。「男性が自分用に選んだネクタイ売上ランキング」と比べると、男性が保守的な色・柄を求めているのに対して、女性は色は明るめ、デザインは少し可愛げのあるネクタイを好んでいるのが、顕著に出ていますね。

男性へのプレゼントに迷っている方は、一体どのようなネクタイを男性はプレゼントして欲しいのか、こちらの記事が参考になると思いますので、是非ご覧ください。

「男性が自分用に選んだネクタイ売上ランキング」

ちなみに、TUNDRAのネクタイプレゼントボックスはこんな感じです。

ネクタイプレゼントボックス

ネクタイプレゼントボックス

ネクタイプレゼントボックス

ネクタイプレゼントボックス

TUNDRAは世界の伝統織物でつくるネクタイブランドなので、ご購入頂いたネクタイ生地の、工房カードをお付けしています。

ネクタイプレゼントボックスとカード

カードには工房の写真(表)と説明文(裏)が記載されており、国別で内容が異なります。

ネクタイ生地工房カード


ネクタイ専門店TUNDRA(ツンドラ)が投稿いたしました。

ネクタイ専門ブランドTUNDRA