パルヌの織物工房1 Maarja-Magdaleena Gild エストニア02-02

_IGP2136

タリンからパヌルへは、バスで向かいます。IT大国として知られるエストニアのバスターミナル、目を引くかっこよさです。内観もおしゃれで、バスターミナルというより空港っぽいですね。

タリン バスターミナル

タリン バスターミナル

と思っていると、乗ったバスの席ひとつひとつに、正に飛行機のようにモニターが付いていて映画が観れるようになっていました。ちなみに2時間の距離で8.4ユーロ(約1,100円)。ただしバス会社によって異なるようで、帰りは普通のバスでした。 パルヌはタリンから南へ約100km、海沿いにあるリゾート地です。けどこの日は2月下旬のオフシーズン。街は閑散としていて、人も少ないです。夏は近隣ヨーロッパ、ロシアからたくさんの観光客がビーチに押し寄せるらしいのですが、この季節に来てしまうと、ちょっと想像できないですね。

パルヌ 街 店

パルヌ 街 店

街の散策を終え、お目当てのMaarja-Magdaleena Gildへ向かいます。ここは、テキスタイル、アクセサリー、陶器など様々なアーティストが共同で間借りしているアトリエ兼お店といった感じで、迷路のように入り組んだ建物内で、たくさんのアーティストに出会えます。

Maarja-Magdaleena Gild

Maarja-Magdaleena Gild

Maarja-Magdaleena Gild

次回に続く。

ネクタイ専門店TUNDRA(ツンドラ)が投稿いたしました。

ネクタイ専門ブランドTUNDRA