スーツとネクタイの美しい組み合わせ|厳選40コーデ

ベージュスーツとネクタイ

「街を歩いている君をだれかが振り返ったとしたら、君の服装は失敗だ」

そう語ったのは、18世紀イギリスの伊達男ボー・ブランメルです。それまで女性と同様、もしくはそれ以上に派手な装いが良しとされていたヨーロッパの男性ファッション史を、根底から覆しました。そして、ブランメルが提唱し、英国紳士達が育んだ「スーツスタイルの最大にして唯一の見せ所は胸元である」という価値観は、21世紀の現在にも息づいています。

続きを読む

バグルー村のインド更紗とは|インド旅行記02

バグルーのインド更紗

紀元前後にはすでに存在していたという、「インド更紗」。15世紀に大航海時代が訪れると、インドネシア、タイ、ヨーロッパ、そして日本など、世界中に広まりました。木型のブロックで木綿布に染色するこの技法は、インドでは英語で「block print」と、そのまま呼ばれています。

そんなインド発祥のテキスタイル「更紗」を、木型の作成や染色などすべて手作業で行っているのが、前回の記事で紹介した、バグルー村です。今回は、実際にどのような工程でインド更紗が完成するのか、ご覧いただきたいと思います。

続きを読む

バグルー村のインド更紗|インド旅行記01

バグルー

首都デリーから南西260km、北インドに位置するジャイプールの空港に着いたのは、朝6:30でした。

航空会社のトラブルで、経由地の上海で飛行機に乗れずに1泊することになり、次のデリーでロストバゲージするという、散々なスタートを切った旅でした。ちなみに、結局スーツケースは日本へ帰る飛行機まで受け取ることができず・・

続きを読む

インヴァネス|スコットランド旅行記08

DSC01089

スコットランド北部、ハイランド地方で最も大きな街が、インヴァネス(Inverness)です。といっても人口わずか5万人、鳥取県の10分の1以下。広大な自然が広がるハイランドは、ヨーロッパで最も人口密度の低い地域なのです。インヴァネスは幻のネッシーのネス湖としても知られていますが、ハイランドはタータン(チェック)の歴史においてとても重要な土地でもあります。

続きを読む

グラスゴー大聖堂|スコットランド旅行記07

DSC01040-1

グラスゴーで最も感銘を受けたのが、グラスゴー大聖堂でした。

ここにはグラスゴーの守護聖人、聖マンゴーが眠っています。6世紀、スコットランドの地にキリスト教を広め、「聖マンゴーが建てた教会からグラスゴーの街が始まった」ともいわれる伝説の人です。12世紀に建てられたこの大聖堂は、16世紀に宗教施設がことごとく破壊された宗教改革から奇跡的に免れた、スコットランド本土に唯一現存する中世の大聖堂でもあります。

続きを読む

グラスゴー|スコットランド旅行記06

DSC01059

スコットランド最大の都市、グラスゴー。かつての大英帝国の屋台骨として、貿易と重工業の中心地になった工業都市というイメージがありますが、現在は芸術、文化の街として知られています。90年代以降、トラヴィス、モグワイ、フランツ・フェルディナンドなど、多くのアーティストを輩出した音楽好きにはおなじみの街でもあります。

続きを読む

フォーファーのタータン|スコットランド旅行記05

DSC00893

エディンバラから北へ約70キロ、フォーファーという街にあるStrathmore(ストラスモア)というタータン会社を訪ねました。フォーファーは人口14,000人の小さな街で、エディンバラから直行便のバスがありません。途中、スコットランド第四の都市ダンディーを経由します。

続きを読む